• ホーム
  • 免疫低下での口唇ヘルペスを写真で知りバルトレックス

免疫低下での口唇ヘルペスを写真で知りバルトレックス

ヘルペスウイルスは比較的広く存在しているウイルスの一種であり、8割異常の人がそのうちの一種である単純ヘルペスウイルス1型に感染していると言われています。
口唇ヘルペスがその典型的なものであり、唇やその周りに白い水ぶくれのような腫れが生じるのが症状として知られています。
痛みやかゆみがあることが多いものの、しばしばニキビなどと勘違いされて見過ごされてしまうこともあります。
しかし、潰れてしまったときには膿のような液体が出てくることからその違いに気づくこともあるものです。
多くの人が感染しているにもかかわらず、その症状に誰もが悩まされているという状況がないのは、免疫力が十分にあることによってその症状がほとんどの場合には出てこないからです。
感染力こそ強いものの、増殖能力や免疫に対する抵抗力についてはヘルペスウイルスはそれほど高くないため、元気な健常者にとってはそれほど恐ろしいものではないことが多いのが事実です。
しかし、どういう症状が出るかを知っておくことは大切であり、その症状を写真で確認しておくと、いざというときに速やかに医療機関を受診することができるでしょう。

痛みやかゆみに悩まされたとしても、バルトレックスという抗ヘルペスウイルス薬があることから数日の間に症状を抑えてしまうことが可能です。
バルトレックスを用いても完治をすることは難しいとされていますが、再び免疫力を取り戻せば症状が出なくなります。
他の病気への感染や日々のストレスなどが原因で口唇ヘルペスが発生したという程度であればバルトレックスを飲めばすぐに治り、何事もなかったかのように日常生活に戻ることができるでしょう。
そのためにも症状を知っておくことが大切なのです。